[FF14][レビュー]ファイナルファンタジー14は どのように新生したのか…。 『吉田の日々赤裸々。』をレビュー!

FF14

こんにちは!シルフィです!

今回はファイナルファンタジー14のプロデューサー兼ディレクターである『吉田直樹』著の『吉田の日々裸々。』を紹介したいと思います!

吉田直樹(吉P)って誰?

そもそも、『吉田直樹(吉P)』って誰だよって方は多いと思います。

特にゲームをプレイする上で、開発している方々の事を気にすることは滅多にないと思います。

なぜ、ここまで吉田直樹が有名になったかというと、ゲーム開発、特にMMORPGというジャンルではプロジェクトが失敗したら、立て直すことは不可能でそのままサービス終了することは珍しくない、当たり前の出来事なのです。

ですが、この吉Pはどこからどう見ても失敗した『旧ファイナルファンタジー14』を立て直し、このまま5年10年とサービスを継続するには一度作り直した方が良いという判断のもと、現在サービス中の『新生ファイナルファンタジー14』を『旧ファイナルファンタジー14』の修正と並行して開発していたのです。

旧ファイナルファンタジー14はどんな失敗をしたのか

旧ファイナルファンタジー14ではどのような失敗が起きたのかというと…

旧ファイナルファンタジー14で起きた出来事

しかし、実際に正式サービスが始まって以降は、ユーザーインターフェースの構造問題、無数の致命的バグ、システム上あるいは仕様上の欠点・欠陥、メールシステムなどのインフラの欠如、コンテンツの無さ、ゲームバランスの問題などMMOゲームとしての基本的システムについての不満がユーザーより数多く出るようになった。これらの不満点はベータテスト時代から報告が出ていたが、実際には正式サービスまでに改善されることはなかったものである[4]。

ファイナルファンタジーXIV – Wikipedia より引用
ファイナルファンタジーXIV - Wikipedia

これが、吉田直樹がファイナルファンタジー14に就任する前に起きた出来事です。
MMORPGのサービス開始当初のバグは楽しむのも醍醐味の内なのですが、そもそもゲームとして成り立っていない状況だったようですね…。

当時私もこの出来事をゲームニュースサイトで知りましたが、対岸の火事…すごいことがおきてるなぁ…という思いでみてました。

当時は一社員でファイナルファンタジー14のプロジェクトとは関係ない吉田直樹でしたが、プロジェクトにかかわっているメンバーからの相談を受けて、独自にゲームとして成り立つように改善できないかと試行錯誤していたそうです。人情味のあふれる良い兄貴分というだったのでしょうか。

その吉田直樹をみていた当時のスクウェア・エニックスの社長である『和田洋一』が旧ファイナルファンタジー14の開発体制の大幅な刷新をした際に吉田直樹をプロデューサーへと就任させました。

旧ファイナルファンタジー14を立て直し、今ではゲームの中でも屈指のタイトルとなった『ファイナルファンタジー14』へと再建した人こそ『吉田直樹』です。

ファイナルファンタジー14の開発指揮、各種のメディア対応や現在ではスクウェア・エニックスの取締役にもなり、超忙しい中でも、大型アップデート前や年末年始にはゲーム内で見かけることも少なくなく、動画配信でもファイナルファンタジー14のエンドコンテンツを優々(?)とクリアし、ユーザーからの質問には即座に答えるほどゲームの仕様を熟知している様からユーザーから親しみを込めて『吉P』と呼ばれています!

吉田の日々赤裸々。とは?

では、今回紹介する『吉田の日々裸々。』とは何かというと、MMORPGというジャンルでプロジェクトを立て直すことは不可能だといわれていた中、『新生ファイナルファンタジー14』が異例の大ヒットを記録したことにより、吉田直樹がコラムを連載している間は必ずファイナルファンタジー14の記事を載せるよという条件のもと『週刊ファミ通』で『吉田の日々裸々。』の連載が始まりました。

週刊ファミ通で好評連載中のコラム“吉田の日々赤裸々。”が、待望の単行本化! まさに崖っぷちプロジェクトであった『ファイナルファンタジーXIV』が“新生”するまでの過程を、プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏みずから振り返る。

Amazon 商品紹介 より引用

旧ファイナルファンタジー14を引き継ぐ前にはどのようなことが起きていたのか、旧体制からどのように引き継いだのか、という『旧ファイナルファンタジー14』から『新生ファイナルファンタジー14』へと至る道筋とゲームビジネスや吉田直樹自身の事などを面白おかしく書かれています!

この本をおすすめしたい人!

ファイナルファンタジー14をプレイしているから『吉田の日々裸々。』が楽しめるのではないかと思われるかもしれませんが、私はそうは思いません。

どちらかというと…

  • システム開発に携わっている方
  • ビジネスとしてのゲームを知りたい方
  • MMORPGを運営・開発を知りたい方
  • ゲーム業界とはどういったものかを知りたい方

ファイナルファンタジー14をプレイしてなくても、上記のような方々であれば十分に楽しめる内容になっていると思います。

もちろん、より深く吉田直樹という人物を知りたいという方もおすすめです!

最後に

今回はファイナルファンタジー14のプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹著の『吉田の日々裸々。』を紹介させていただきました。

私は読み終わった後『学生時代にこの本に出合いたかった…』と思いました。。。

小説大好きな私ですが、コラム本やビジネス書といったものは読んだことがないのですが、話自体は堅くなく、面白おかしく地獄のような開発現場だった話を知れて良かったなと思います。

ファイナルファンタジー14がどのように開発されているのかを知れますし、より一層ファイナルファンタジー14が楽しくプレイできる本だと思いました。

今回紹介させていただいて、皆様の興味を抱くきっかけになれば良いなと思います!

それでは、お疲れ様でした。また会いましょう!


0
タイトルとURLをコピーしました